返回列表 回復 發帖

【海外-台湾.台北風俗紀行】林森北路風俗

台湾の風俗と言えば、大都市の台北で遊ぶことがほとんどですが、実は台南にも風俗がある地域がります。
言葉が通じないのはデフォルトだろうと考え、コミュニケーションが必要なキャバクラは避け、小官はマッサージの方を選択します。
 店舗に到達するまで紆余曲折あるのですが、そこは林森北路当会会員の方限定とさせていただき、厳重な警備の店舗に入店。男性従業員に案内され、マッサージルームへ。全裸にタオル、状態でしばし待つと、セクシーな衣装、というかほぼ下着状態のマッサージ師がぞろぞろとやってきます。その数8名。そこは海外慣れしている筆者、もちろんもれなく使ってきましたよ!
ただ、台北に比べて日本語がほとんど通じないため、ちょっと使い勝手は悪いですね!
初心者の方が台湾で遊ぶなら、無難な台北が良いでしょう!「選べ」
という意味であろうと理解し、指を6本立て、6番目の、にこやかにこちらを見てくれた、グラマーなマッサージ師を選択。
 選んだところで、マッサージ師の皆さんは一旦退出。男性従業員からシャワーを浴びるように指示されます。
 セルフで浴びて施術台でしばし。先ほどのマッサージ師が笑顔でやってきました。こちらも笑顔で応え、施術開始。
 うつぶせで状態でのマッサージは非常に気持ちがいいです。ただ残念なことに日本語はもちろん、英語もまるでダメな様子。なかなかコミュニケーションが取れません。
 身振り手振りでの上下反転の指示に応え、上向きでの施術をしばし受けると、マッサージ師の指が優しく変わります。あきらかに性感マッサージに変更となったので小官も指を伸ばし、姫の各所を刺激します。この姫、アジア系で多い「キスNG」ではなく、積極的ではないものの、舌を絡めるキスも応じてくれ、親密度が増していきます。男女の肌の触れあいに言葉は不要。少しずつ心が接近していくのです。それが台南赤崁東街です!
台湾は鉄道などの交通機関も充実しているので、台南赤崁東街まで出向いてみるというのも良いかもしれません!ただ、妙に観光客に慣れていない素朴な女の子がいる台南赤崁東街は、訪れてみる価値もあるかも!英語すら通じないこともあるから、ある程度中国語とかを勉強しておくと良いかもね!
台湾で風俗を使うなら台北が外せない!
返回列表